ドイツ現代史学会大会(2017年)・自由論題報告の募集


第40回 ドイツ現代史学会大会 自由論題報告の募集


 ドイツ現代史学会の今年度の大会を、下記のように2017年9月23日・24日に開催いたします。
 24日(日)の午前中に開催を予定しております自由論題報告につきまして、研究報告者を募集いたします(全体で3名程度)。
 希望者のかたはどうぞご応募のほど、お願いいたします。

第40回ドイツ現代史学会大会(2017年9月23日・24日):自由論題報告
  場所:共立女子大学・神田一橋キャンパス(都営地下鉄「神保町」駅徒歩1分)
     (詳細は後日発表いたします。)
  自由論題報告の日時:2017年9月24日(日)午前9時~12時
報告時間:報告(40分)と質疑応答(10分)
司会は大会世話人が担当しますが、報告者で探していただいても結構です。
遠距離の方は上限5000円まで交通費を補助します(常勤の方を除く)。
報告を希望される方は以下の要領にしたがってご応募ください。
応募多数の場合には、審査を行います。
 (ご希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承ください)

(1)申し込み締め切り: 2017年6月15日(木)
(2)応募資格: 修士あるいはそれに準じる学位を有すること
(3)報告をご希望される方は、下のリンク【自由論題報告申込書】をダウンロードして、所定の項目を記入の上、下記の応募用アドレスまで、Eメールにファイルを添付してお送りください。
   自由論題報告申込書 Wordファイル  PDFファイル
※ダウンロード不具合の場合は、下記メールアドレスにお問い合わせください。 
応募用アドレス dgendaishi40[at]gmail.com [at]@に変えてください
   申し込み書必須事項:
・ご氏名(およびフリガナ)
・ご住所
・お電話番号
 E-mail アドレス
・主たる研究領域(箇条書き)
・発表題目
・発表要旨(400字程度)
・主要業績リスト(刊行された論文・3点まで)
======
ドイツ現代史学会第40回大会世話人
森田 直子(立正大学)
山根 徹也 (横浜市立大学)